【DIY】作業デスクが色落ちしてきたのでワトコオイルで塗装し直す

今回はいつもキャンプ道具の写真撮るときに使っているデスクの色が落ちてきたので、オイル塗っていきたいと思います。

DIYと言いますが、架台に乗せた天板をワトコオイルで再度塗っていく過程になります。

3年半で剥げてきたデスクの天板

オイルで塗装した天板などは、使っているうちに色が落ちてきます。

天板を作ってから2年ほどで色が落ちてきますね。今は3年半くらい経っているので大夫色落ちしています。

ちなみにこの天板はIKEAの架台に乗せただけのものです。2つで3千円くらいです。

天板自体はマルトクショップで購入しました。
1万6千円くらいかかっていますが、この大きさ(65cm×120cm)の木製デスクを買うと何倍もするので安いもんです。

マルトクショップ購入詳細

商品名:タモ 集成材(積層材)フリーカット
○CODE:s001
○木材の形:四角形
○寸法:030*0650*1200 | 3辺の合計:188cm | 面[A]:角面加工+磨き | 面[B]:角面加工+磨き | 面[C]:角面加工+磨き | 面[D]:角面加工+磨き | コーナーR[A]:3 | コーナーR[B]:3 | コーナーR[C]:3 | コーナーR[D]:3 | 用途:三方向使用

ワトコオイルでデスクの天板を塗装し直す

塗装にはワトコオイルと蜜蝋ワックスを使う

ワトコオイルは2つ。ダークウォルナットだと暗すぎるのでナチュラルを混ぜて使います。

・ナチュラル(W-01)
・ダークウォルナット(W-13)

蜜蝋ワックスの原材料は、菜種油、亜麻仁油、蜜蝋、椿油、ヒバ油の5つの国産天然油素材で作られているため、口に入れても大丈夫なくらい安全です。

私は木の質感が保たれるのが好きで使ってます。

ワトコオイルを2種類を混ぜる

分量はだいたい、ダークウォルナット1に対してナチュラル0.5くらいで。(適当)

ワトコオイルで塗装

塗装剥げている部分以外も全面塗っていきます。
塗り終わったら15〜30分放置して、乾いた布で拭き取ります。

蜜蝋ワックスを塗っていく

蜜蝋ワックスは超うすーく塗るのがコツです。
塗りすぎると何日経ってもずっとベタベタします。

一度塗ったら、乾いた布で余分な蜜蝋を取り除いていきます。

蜜蝋ワックスを塗る時は湯煎で溶かす。

電子レンジでも溶けますが直ぐに固まってしまうので、溶ける程度の温度のお湯につけながら作業しています。

あとは乾くのを待って完成

2日くらい放置したら乾きます。
2日以上経ってもベタベタしてたら蜜蝋塗りすぎなので、乾いた布で蜜蝋を拭き取るという作業を繰り返します。

木の質感好きな人には、載せるだけのお手軽デスクはおすすめです!
引っ越しのときの持ち運びも楽で良いです。

今回使った製品

尾山製材株式会社 木工用みつろうクリーム200g

ワトコオイル

Amazonは高いので楽天で買うのをおすすめしますが。それでも送料かかってしまうので出来ればホームセンターなどで購入するのが安く済みます。

  • LINEで送る