ソロキャンプを初めるための予算はいくら?3万5千円から揃えるキャンプ道具

これからソロキャンプを始めたい方の中には、「キャンプ道具を揃えるにはどれぐらいの予算が必要なのか?」目安が欲しいという方も多いと思います。

今回はできる限り最初にかかるお金を減らすために、Amazonで安い道具を買い揃えるとどれぐらいかかるか、紹介していきます。

私もキヤンプ初めるときはほぼすべて安い道具を買い揃えました。

始めの年は、一年で10回くらいキャンプに行きましたが壊れた道具はありませんでした。

なので個人的に最初は安い道具からはじめて、キャンプを続ける中で気に入った道具にアップデートしていくのがおすすめです!

最低限ソロキャンプをするための道具の予算は3万5千円から

「最低限のソロキャンプするために必要な道具」と、「代用可能なので最初は無くても大丈夫な道具」に分けてまとめてみました。

最低限必要な道具であれば3万5千円くらいですね。

熟練キャンパーと同じような道具だと10万超えるので、大夫安くなっています。

安い道具をAmazonで買うデメリット

Amazonの安いものはほぼ中国製のよくわからないメーカーのものなので、もちろんデメリットもあります。

  • 品質が安定安定しない
  • 壊れやすい
  • 詐欺の商品出品もある

まあ安いなりの商品ということです。
とはいえ私が2年つかって壊れたのは、1000円のガスバーナーくらいで、ほかは特に問題ありません。

また最近詐欺商品の出品などがありますが、この手の詐欺はマーケットプライス商品が多いので、基本的にPrimeマークの商品以外を買わないようにすればOKです。

Primeマークが付いているのものはAmazonの一定の基準を満たしたショップで、Amazon倉庫から発送されるのでため問題がある可能性はほぼありません。

最低限必要なソロキャンプ道具

夏のキャンプを想定すると、3万5千円くらいで必要な道具を揃えられます。

夏以外のキャンプだと防寒対策が必須となります。
特にシュラフはしっかりしたものを買わないと夜凍えることになるので、ダウン入りのものを購入したりとお金がかかります。

また、キャンプの満足度に大きく関わるものは予算が許すのであれば良いものを買うのを検討したいです。

私は「シュラフマット」だけは最初からクッション性高く壊れにくい、9000円くらいでモンベルのものを買いました。

  • テント/予算10000円
  • グランドシート/予算1500円
  • シュラフ(寝袋)/予算2000円
  • シュラフマット/予算3000円〜
  • ランタン/予算2500円
  • ナイフ/予算2000円
  • ミニテーブル/予算1500円
  • 虫除け&予防グッズ/予算4000円
  • バックパックなど道具の入れ物/予算5000円〜

テント/予算10000円

テント泊をするなら必要です。

キャンプ場によってはテントをレンタルできるところもありますが、ほとんどがファミリータイプの大人数用なので、ソロキャンプには大きすぎて使いにくいです。

出来れば安くても1〜2人用を買いたいところです。

グランドシート/予算1500円

テントの下に敷くシートで、購入したテントに付属してない場合は買う必要があります。

テントの同じブランドであれば、ピッタリのグランドシートがありますが、

シートのサイズはテントとぴったりである必要はなく、テント設営するときに余分な部分はシートを折っても使えば問題ありません。

ホームセンターに売っているレジャーシートでもOKです。

シュラフ(寝袋)/予算2000円

7〜8月の夏のキャンプであれば2000円くらいのものでOK!

春秋冬であれば、温かいものを購入したほうが良いです。

とくに春や秋は思っている以上に夜寒くなるので、しっかりとしたものを選びたいです。

シュラフマット/予算3000円〜

キャンプ場は場所によって石でゴツゴツしていたりするので、シュラフの下にマットを敷きます。

ウレタンマットはかさ張るけど安い、エアーマットはコンパクトだけど高い、持ち運べる荷物の容量で選びたいです。

3000円くらいから買えるものはありますが、安いのは寝てる間に空気が抜けたりします。

個人的に寝心地はキャンプの満足度に大きく影響するので、マットだけはちゃんとしたメーカーのものを買うのをおすすめします。

ランタン/予算2500円

ランタンもキャンプでは必須です。

アウトドアのランタンといえば、ガスやオイルを使ったランタンが昔からありますが、今の時代だとLEDランタンがおすすめです。

電池やバッテリーで動くので非常に手軽で、かつ安い値段で購入できます。

ナイフ/予算2000円

ナイフはバトニング(薪を割る)や調理に使います。

ステンレスのナイフは2000円くらいあれば買えるので、シースナイフ(折り畳めないナイフ)を一本は欲しいです。

ミニテーブル/予算1500円

キャンプ場によっては石の上におけますが、合ったほうが良いです。

ミニテーブルも同じようなものが多いですが、使い勝手は微妙に違います。

下の記事でミニテーブルの選ぶ基準を詳しく書いています。

虫除け&予防グッズ/予算4000円

虫よけグッズは最低以下3点を持っておきたいです。

・アブに効果がある線香
・肌につける虫よけスプレー
・刺された時のためにムヒアルファEX

キャンプ場の近く電は薬局などない場合が多いので、事前に用意しておきたいです。

虫除けグッズは下の記事に詳しく書いています。

バックパックなど道具の入れ物/予算5000円〜

徒歩であればバックパック。
バイクや車は積載できればホームセンターの箱など何でもOK。

私は最近だとバイクキャンプが多いので、5000円くらいのダッフルバッグを使っています。

バックパックは安いものだと8000円ほど。有名なメーカー品だと15000円以上になります。

代用可能なソロキャンプの道具

ここからは代用可能なので最初は無くても大丈夫なキャンプ道具となります。

あったほうが良いなと思うものは、予算と相談してみてください。

ただ、直火がNGのキャンプ場で焚き火をするためには、「焚き火台」が必要になります。

折りたたみ椅子

キャンプでよく見かける折りたたみ椅子。
ゆったり座れてくつろげるのであると便利!

ただ、レジャーシートで地べた座りでも問題ないす。

焚き火台

直火のキャンプ場や、ガス缶使って料理する場合も必要なし。

私もほとんど直火OKのキャンプ場行くので、年1〜2回くらいしか焚き火台は使わないです。

ソロ用の焚き火台も色々あるので、詳しくは下記の記事でまとめています。

ソロクッカー

スーパーとかで食べ物買ってきても全然OKなので、クッカーは料理を自分で作るかどうかで買うか決めたいです。

調理をするなら深底のクッカーよりは、フライパンのほうが使いやすいですね。

ガスバーナー&ウィンドスクリーン

ソロ用であれば小さいガスバーナーで十分です。

私は焚き火で調理するので、ガスバーナーの出番はほぼありません。
キャンプ始めたての頃だと、ごはんを炊くときに使うぐらいでしょうか。

あまり使わないのであれば、とりあえず安いもので十分です。

カトラリー

割り箸や、100均のスプーン、フォークでOK!

火起こし道具

キャンプでの火起こし方法の定番は、フェザースティックを作ってファイヤースターターですね。

しかし最初の頃はうまく薪に火をつけられないかもしれないので、一応火種になるものは合ったほうが良いかも。

最初の頃は、100均ライターと多めに割り箸を持って置くのをおすすめします。

ソロキャンプはAmazonの安い道具で手軽に始めよう!

下の記事で、Amazonで買えるキャンプ道具一式をまとめて紹介をしています。

  • LINEで送る