キャンプ場の直火禁止ってなに?焚き火のマナーについて

私も初めてのキャンプしようと調べていたときは疑問に思ってネットで意味調べていました。
直火禁止とはご想像の通り、地面で火を焚くのが禁止ということです。

キャンプしてる人は当たり前なんですが、キャンプ行ったことない人にとっては『キャンプ場=地面で焚き火出来る』と思っているんですよね。

キャンプ場って言ったら石でかまど作って火熾して、というイメージが強いので、
初めて直火禁止と聞いたときは、それでキャンプ場なの?と疑問に思っていました。

なぜ直火禁止なのか

直火禁止の理由をネットで調べると、「微生物が死滅するうんぬん」とか出てくるんですが、
私がキャンプ場の人に話を聞いたところ、マナーの問題と聞きました。

それでも直火OKのキャンプ場も、少ないですがまだあります。
焚き火はマナーを守って楽しみましょう。

薪は完全に炭する

燃え尽きない薪は、まだくすぶっていて何かのきっかけで再燃する可能性があります。
薪は完全に燃え尽きて、綺麗な灰になりまで燃やします。

灰の処理の仕方はキャンプ場で確認したほうが良いです。
私の行ったキャンプ場では、灰になったらそのままという所が多かったです。

そういう所は灰になったら土をかけておくと良いかと思います。

ゴミはもやさないで

これはものすごい多いです、ビニールなど燃えないゴミはあたりまえですが、燃えるゴミも燃やさないで下さい。
燃えるゴミに分別されるもの、たとえダンボールでも人工物は燃えカスが残ります。

今はほとんどのキャンプ場でゴミ受付ていると思うので、きちんと分別して出しましょう。

まとめ

初めてのキャンプだとわからないことも色々あるかと思います。
事前にネットで質問してみたりしても良いですし、キャンプ場の受付の人にルールを確認しても良いかと思います。

是非ルールを守ってキャンプ楽しんで下さい!

  • LINEで送る