YOKAの焚き火台が好き【COOKING FIRE PITをレビュー】

今までバイクでソロキャンプをしてきて、ずーっと我慢してきたものがあります。

それは「焚き火台」です。

ソロキャンプ用の焚き火台は、コンパクトさを優先しているため、どうしても軽くペラペラな作りになっています。

個人的には大人数向けの重厚な「鉄」という雰囲気の焚き火台が好きなのですが、バイクで持ち運びできないので妥協していました。

ただ最近、キャンプの移動手段を軽バンにしたのもあって、ずっと好きだったYOKAの焚き火台を購入したのでレビューしていきたいと思います。

YOKA焚き火台を選んだ理由(メリット)

YOKAの焚き火台の好きな所は、「焚き火の楽しさ」「調理しやすさ」を両立しているところです。

YOKAの焚き火台の良いところ

  1. 長い薪でも入る大きさ
  2. 重厚感がある
  3. 調理しやすい構造

ソロキャンプ用のコンパクトな焚き火台は、1と2の両方を満たすのが難しいですね。

大人数向けだとがっしりと重厚感はあって焚き火には最適でも、底が深すぎたり調理に向いてなかったりします。

そんな中、YOKAの焚き火台はまさにベストマッチした商品でした!

常に改善されているのも良いポイント

焚き火台でも避けて通れないのが、熱による変形です。

YOKAの焚火台は初期バージョンの頃は、そういった問題があったようですが、私が購入した現在ではバージョン3になっており大分改善されていました。

バージョン3では、変形する底部分が別パーツになり、使ってすぐに変更した場合は交換対応してくれます。

長く使って変形した場合も、500円とかなり安く底板パーツを買えるというのも、長く使うことを考えると良い点ですね。

現在最新のバージョン3の改善点は以下で確認できます。

【YOKA公式】COOKING FIRE PIT 底板Ver3

YOKA焚き火台を購入してみた不満点(デメリット)

実際に購入してみて感じた不満点というか気になったのは、

・付属の麻袋が好きじゃない
・5kgという重さは人によってはマイナスかも

という点です。

重量についてはやっぱり重いので、人によっては重すぎと感じるかも。

ただ一番気になったのは麻袋ですね。

正直、私は麻袋って好きじゃなくて、触り心地や糸くずが出る所で嫌なんですよね。

もっとしっかりとした帆布とかの付属袋だったら良かったなーと思ったりします。

まあ、その辺りは自分で適した袋を作ろうかなと思います。

YOKA焚き火台レビュー

YOKA焚き火台には大きさが2つあるのですが、私が購入したのは大きい方です。

▲大きさはこんな感じです。
しまっていると大きく感じますが、実際に薪を入れてみると、もうほんの少し大きくても良かったかも。

▲私が購入したのはバージョン3なので、底板が2つに別れています。

▲どうやって組み立てるのかちょっと考えましたが、サイド天板の文字の所に底板を差し込む形になります。

▲グリルを置かなければ焚き火が楽しめます。

▲グリルは結構広いので、塊肉を焼きながら煮込み料理やスープを作ったりもできます。
ファミリーキャンプでも、十分な広さがあるのでおすすめです!

▼YOKA COOKING FIRE PITはAmazonや楽天でも購入できます!

yoka
¥16,500 (2021/06/16 18:03:39時点 Amazon調べ-詳細)

▼小さいSOLO用はこちら

yoka
¥13,200 (2021/06/16 18:36:46時点 Amazon調べ-詳細)

最後に:もっとキャンプ飯を楽しくするYOKAの焚火台

私は牛肉はステーキでも何でもレアが好きなんですが、この日は薄くスライスしてサルサソースと合わせてトルティーヤに包んで食べてました。

そんな感じで、ずっと欲しかったYOKAの焚き火でキャンプ飯を楽しんでいます。

食事が終わったらグリルを外して焚き火を楽しめるし、ほんとに良い買い物でした!