キャンプの調味料ケースに最適!無印良品の小分けケースの紹介

  • LINEで送る

ソロキャンプだとそんなに調味料使わないので、小さい小分けに出来るケースを探していました。
無印良品でトラベル用の小分けケースが探していたものとマッチしたので紹介したいと思います。

ちなみに写真の小分けケースをいれているビニールケースも無印のトラベルグッズのものを購入しました。

無印良品 小分けケース

いくつかのタイプを使っていますので、写真と合わせてご紹介していきます。
値段は一つ100円以下ぐらいで売っています。

無印良品 商品ページ

長細いケース

こちらには粉系と液状の物をいれています。
ただ問題もあって、液状の中身はキャップを外さないと出ない所です。

画像は塩コショウと醤油ですが、塩コショウは蓋を開けて振れば中身を出すことが出来ます。
しかし醤油はキャップを外さないと中身がでません。

ちょっと微妙なんですが、コレ以外に液体に合うケースが無くて、このまま使い続けています。

あとはケースの入口が狭いので洗えないなどの問題もあります。

中くらいのケース

このケースは最近使い始めました。
細長いほうがコンパクトなんですが、このケースだと中が洗えるんですよね。

場合によってはこちらのケースのほうがよいかもしれません。

アクリルケース

以前はマヨネーズなども入れていましたが、よく考えたらマヨネーズは小分け商品もあるので、そちらを持ち運ぶことにしました。
今は香辛料系(鷹の爪とか)を入れるのに使っています。

プラスチックケース

もう少し量の多い液体を入れるために購入した、プラスチックのケースです。
私はこれにはオリーブオイルを入れて持ち運んでいます。

最後に

砂糖やマヨネーズは小分けの物にして、それ以外は紹介した無印ケースを使っています。

キャンプで料理が楽しみの一つという方も多いと思いますが、
凝りだすと持っていく調味料が増えていくので、できるだけかさばらないケースを使いたいですね!

▼[随時更新中]キャンプに役立つ便利なおすすめ道具を紹介!

  • LINEで送る