少人数ならロースタイルバーベキューがおすすめ!【ゆったりと楽しむBBQ】

これからバーベキューを始めようと思っている方へ。
カップルやファミリーなど、少人数ならロースタイルバーベキューがおすすめです。

バーベキューコンロっていうと、こんな足の長いものを想像しませんか?

でもこれ立ちっぱなしだから、疲れるんですよね。
とくに焼いている人が。

そんなバーベキューですが、最近はキャンプ用の焚き火台とイスを組み合わせてやるスタイルが流行ってきています。

もちろんデメリットもあり、バーベキューで凄く凝った料理をやろうとすると、やっぱり家で料理するみたいに立ちながら、あれこれと動きやすいほうが良いですね。

逆に2〜5人くらいでアウトドアチェアにゆったり座って、焚き火台囲んでまったりとやりたいという人には、すごくおすすめのスタイルになっています。

ロースタイルバーベキューの特徴

  • 料理しているときも座れるので疲れない
  • みんなで焚き火台やテーブルを囲む楽しさ
  • ロースタイルの道具が比較的コンパクト
  • 子連れキャンプでも目を離さすにいられる安心感

机と焚き火台を囲んで楽しみます。
どこか日本の囲炉裏を彷彿とさせる風景です。

みんなの顔が見えるのでバーベキューを楽しみながら話も弾みます。
小さいお子さんがいるファミリーキャンプでも良さそうなスタイルです。

また、ロースタイルの道具は比較的コンパクトなものが多いのです。
どうしてもこういった道具はかさばるので、家での収納時にも負担がすくないです。

テーブルは焚き火台を囲炉裏のように囲むのが定番

ロースタイルは焚き火台をテーブルで囲み、周りにアウトドアチェアを並べるのが定番です。

まずはテーブルを決めて、中に置く焚き火台を決めていくのがおすすめです。
テーブルによっておける焚き火台の大きさが変わるためです。

スノーピーク ジカロテーブル

一番定番のスノーピークのジカロテーブルです。
一辺のテーブルが六角形になっていてちょっと特殊な形してますが、これ2パターンの組み方があるんです。

組み方によって、真ん中の空間を60cm×60cmか、37cm×37cmのどちらかにセッティングできます。

バーベキューのときは、狭くセッティング。
真ん中に焚き火を楽しむときは、広くセッティング。

そんな風に使えるように考えられたテーブルです。

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥32,184 (2019/08/25 22:54:19時点 Amazon調べ-詳細)
  • 材質:テーブルトップ/ステンレス・脚部/ステンレス・ツマミ/アルミ合金
  • サイズ:焚火台L使用時/1120×1120×400mm (開口部600×600mm )・剛炎使用時/890×890×400mm(開口部370×370mm)
  • 収納サイズ:745×170×400mm
  • 重量:10.5kg

尾上製作所(ONOE) マルチファイアテーブル

こちらは、ジカロテーブルよりももっと単純に長方形を4枚並べるだけのマルチファイアテーブルです。
一辺が66cm×66cmということでジカロテーブルよりも真ん中の空間が大きいです。

マルチファイアテーブルは長方形ということで、レイアウトの自由度は高いです。
小さい焚き火台を真ん中に置く場合は、囲むように置かず、バラバラにしてサイドテーブルのように使う方法もあります。

この商品がなによりも良いのは値段でしょうか。
やっぱりスノーピーク製品は高いので、もっと安く購入したいという方向けです。

created by Rinker
尾上製作所(ONOE)
¥7,677 (2019/08/26 00:55:53時点 Amazon調べ-詳細)
  • 材質:スチール
  • サイズ:使用時/約1000×1000×270mm
  • 使用時開口内寸:約660×660mm
  • 収納時サイズ:830×170×100mm
  • 重量:約9kg
  • テーブル単体:830×170mm(4枚)

焚き火台はテーブルの真ん中の空間に収まるように

焚き火台は、購入するテーブルに合わせるようにします。
大きくなさすぎれば、レイアウト次第でどうにでもなるため、比較的どんな焚き火台でも問題なかったります。

スノーピーク 焚火台 Lスターターセット

まずは、スノーピーク ジカロテーブルの広い開口部に合わせるにはLサイズのた焚き火台です。
個人的に焚き火台の中で、スノーピークのものが一番好きな形です。

質実剛健といいますが、その分重いのが難点です。
また、この焚き火台はL・M・Sがあります。

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥26,784 (2019/08/25 22:54:20時点 Amazon調べ-詳細)
  • 焚火台L 材質:本体/ステンレスサイズ:W450×D450×H300mm収納サイズ:560×640×32mm重量:5.3kg
  • 焚火台ベースプレート材質:スチール(黒塗装)サイズ:W450×450×H9mm重量:1.9kg
  • 炭床Pro.L 材質:鋳鉄(クリア塗装)サイズ:W310×D310×H20mm重量:3.9kg
  • 焚火台L コンプリート収納ケース 材質:6号帆布(パラフィン・PU加工)、アクリルテープ(中芯:PP)、ナイロンメッシュ、プラスチック/サイズ:W700×D590×70mm重量:0.6kg

ジカロテーブルと合わせるときに若干高さが足りませんが、その場合こちらの高さ調節プレートをつけるのがおすすめです。

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥3,564 (2019/08/26 00:55:53時点 Amazon調べ-詳細)

キャプテンスタッグ 焚き火台 ヘキサステンレス

これも凄く良い焚き火台で、ブラックな塗装がかっこいいです。
とは言っても、この手の塗装はたくさん使うと多少剥がれたりはありそうです。

大きさは、47.5cm×41cmとなっていて手頃な大きさです。
結構深めの構造で空気穴もあり、効率よく燃やす構造になっています。

  • サイズ(約):幅475×奥行410×高さ300mm
  • 収納サイズ(約):570×470×厚さ60mm
  • 重量(約):3.8kg
  • 材質:本体・ロゴプレート=ステンレス鋼(焼付塗装)、底板=ステンレス鋼、バーキュー網・スタンド=鉄(クロムめっき)、目皿=鉄(焼付塗装)

アウトドアチェアは好みのものを

アウトドアの定番といえばヘリノックス有名なんですが、安い商品も多く出回っています。
正直座り心地はほぼ変わりなくつかえますので、価格とデザインでお好みで決めたらよいかと思います。

created by Rinker
ヘリノックス(Helinox)
¥11,990 (2019/08/26 00:55:54時点 Amazon調べ-詳細)

その他あると便利な道具

こちらは夏のキャンプ道具紹介ですが、暑い時期にバーベキューをするのであれば、同じく役立つ道具が多いです。

BBQでは分厚い肉があると盛り上がる!

ちなみに私は最近、キャンプやBBQで分厚いステーキ食べる贅沢、にハマっています。

YouTubeとかでよくキャンプで分厚いステーキを食べたりしていますが、なかなかスーパーとかでは手に入りません。
通販だと塊で変えるので、たまの贅沢に500gぐらいの分厚いステーキを買って焚き火で豪快に食べてます。

BBQでもめっちゃ盛り上がります!

  • LINEで送る