キャンプなどアウトドアでおすすめのコーヒーミルのまとめ!

キャンプなどアウトドアで、コーヒーミルで挽きたてコーヒーを飲むと満足度を上がります!
私は特別コーヒーが好きというわけでも無かったのですが、キャンプでコーヒーミルでドリップコーヒーを飲むという事に憧れがあり、キャンプに持っていきはじめました。

いつの間にかキャンプ以外でもドリップコーヒーを飲むことが習慣化して、ポーレックスのコーヒーミルは毎日使っています。

自然の中で飲むコーヒーは良いものなので、検討している方には是非おすすめです!

コンパクトで持運びに便利なコーヒーミル

ソロキャンプなど限られた荷物でアウトドアをする人におすすめです!
縦幅が短いので、持運びがしやすいです。

その分一度に挽けるのは2人分です。
アウトドアのための持運び優先モデルになります。

ポーレックス コーヒーミル ミニ

私も使っているコーヒーミルです。
ポーレックスのコーヒーミルは有名で雑誌などでよく見かけますね。

値段は他のと比べるとが高い分(6000円くらい)作りがしっかりしています。
取っ手は外して、本体の黒いゴムに括り付けることができます。

キャプテンスタッグ コンパクト コーヒーミル

ポーレックス商品と比べるとサイズはほとんど同じですが、ハンドル部分が短くなっています。
値段も4000円いかないぐらいと少し安くなってますね。

サイズが大きく3〜4人分挽けるコーヒーミル

コーヒー豆は1杯10gぐらいなので、各コーヒーミルの豆の入る量で何人分つくれるか目安になります。

ポーレックス コーヒーミル セラミック

ミニ版と値段はほとんど同じくらいですが、一度で3人前ぐらいが挽けます。
コーヒーミルは豆を挽く部分の作りによって、挽いた豆にばらつきがでたり、長く使うと劣化して豆が挽けなくなったりします。

ポーレックスは他より値段が少し高いですが、製品の評価は高く安心できます。

合わせて買いたい商品

ユニフレーム コーヒーバネット

コーヒーミルでコーヒーを飲むために必要なコーヒーバネットです。
この商品は持運び時にはたためるタイプなので、キャンプなどアウトドアではおすすめです!

ペーパーフィルター

スーパーだと円錐フィルターが売っていないところもあるので、私はAmazonで買っています。
ユニフレームのバネット専用のフィルターは高いのと少し生地が薄いので、こちらが安いしおすすめです!

最後に

コーヒーミル・バネット・フィルターを揃えたら、
あとはコーヒー豆があればおいしいドリップコーヒーを飲む準備がととのいます。

私はいつもソロキャンプに、ポーレックスのミニコーヒーミルに2杯分のコーヒー豆を詰めていって、テント張り終わった後と翌朝に飲んで楽しんでいます!

  • LINEで送る