ロッジのスキレットでキャンプ料理をより美味しく!やっぱりスキレットならロッジ良い!

いままでニトスキ使ってましたが、キャンプ用にロッジのスキレットを購入しました!

買い替えの理由やら、ロッジ製品の感想など書いていきます。

やっぱりスキレットは蓋が欲しい

何年か前にスキレットが流行りましたよね。
ニトスキなど安いものも出回って一気に普及しました。

私もその流れでニトスキを購入したのですが、ニトスキには蓋がない・・・
スキレットカバーとも言いますが。

焼き物であれば蓋は必要ないのですが、
スキレットで揚げ物やりたくて、蓋があると中まで火を通しやすいしやっぱり欲しい!

ニトスキの不満

まずニトスキはスキレットの蓋自体が存在しない。
最初は蓋が必要なかったので、購入時には気にしなかったのですが後で欲しくなって気づきました。

そしてニトスキは規格がおかしくて19cmなんですよね。
普通は8インチの20cmなので他ブランドのスキレットの蓋もピッタリのものがなく断念しました。

ちなみにニトリのWEBサイトみるとスキレット&蓋セットの商品が売ってますが、これはニトスキとは別物みたいです。
サイズも16cm・20cmと規格自体がニトスキとは違います。

ネットで情報探しているとニトスキに合った蓋を見つけた人もいるのですが、

まあ蓋のないニトスキは家で焼き物用に使うとして、キャンプ用に別のを探すことにしました。

新しいスキレット探し!鋳物製と黒皮鉄製?

家で使っている黒皮鉄製品

ダッチオーブンやスキレットでは鋳物製と黒皮鉄製があります。

私は家でダッチオーブンとフライパンを黒皮鉄製のものを使っていますが、やっぱり鋳物製よりはメンテナンスが楽ですね。

普通シーズニングは油引いて屑野菜を焼きますが、屑野菜焼かなくても問題ないくらい雑な感じで使えています。

ただデメリットもあります。

まずは焦げやすいです。
鋳物製よりも熱が伝わりやすいからなのか、煮込み料理や飴色玉ねぎ作る時など焦げやすいです。

次に底面が汚くなる。焼け跡ってやつでしょうか。
黒皮鉄製って使うほどどんどん汚れていきます。

キャンプで使うなら鋳物製のスキレット

鋳物製はニトスキをずっと使っていますが、
この熱しにくいが冷めにくいというのが焚き火で料理するときには良さそうです。

焚き火だと火の強さが一定ではなく、
気づいたら火が弱くなっていたとかあるので保温性能が高いのは良いですね。

あとはなんだかんだ見た目の好み!
やっぱりスキレットって鋳物製のが雰囲気いいよね。

ロッジのスキレットを購入

ロッジというブランドはアメリカで120年鉄製品を作っているメーカなので信頼と実績があります。

専門メーカー以外のスキレットは問題があることがあり、
『鍋の厚みが違う』『本体と蓋を閉めた時に隙間ができる』という問題があることが多いです。

あまりに安物だとやっぱり品質は良くないですね。
その点ロッジの製品は安心です!

あと、ロッジのスキレットはシーズニングが最初からされているのも楽でいいです。

もう一つロッジに決めた理由として、
スキレットカバーの裏側には突起にあります。

この突起は調理中に旨味を含んだ蒸気が突起に溜まり、水滴を食材に満遍なく降り注ぐための構造です。

この構造はダッチオーブンなんかで見られるつくりですが、ロッジはスキレットにも応用しています。

ロッジのスキレットはこのスキレットカバーと合わせて使うのであれば、一番おすすめ出来る製品です!

スキレット本体とスキレットカバーで5000円程で買えたので値段的にも満足!

最後に…リゾット作り

早速届いたロッジのスキレットでリゾット作りました。
まあスキレットカバーの使ってませんが!

しかし19cmのニトスキとくらべて、ロッジのスキレットは1cmしか違わないのに大きく感じますね。

とりあえず次のキャンプでスキレットで何作るか楽しみです!

  • LINEで送る