ソロキャンプで愛用のGeerTop2人用テント!一年使ったのでレビュー!

今はGeerTop2人用テントを愛用しています。

ソロキャンプで使いはじめて一年たちましたので、
良いところ、悪いところ、壊れたところレビューしていきたいと思います。

GeerTopについて

ロサンゼルス、バンクーバー、ロンドン、ハンブルク、中国などに拠点を持っていて、
まだ日本での知名度は低いブランドとなります。

GeerTopはアウトドア好きのために軽量で質の高い道具を低価格で販売しています。
GeerTopで制作しているテントは ソロ〜少人数のキャンプ・登山をターゲットとしており、高性能で軽量な作りになっています。

私は前に使っていたテントが1人用で狭く、
色があまり好きじゃ無かったというのもありネットで探していたところGeerTopを知りました。

GeerTopというブランド自体はあまり有名では無いため日本語の情報は少ないですね。
GeerTop 公式サイト

最新の製品は公式サイトから確認

GeerTopは製品の入れ替わりが比較的早いようで、
Amazonでは新しい製品と古い製品が入り混じっていま。

最新のテントを確認したい場合はGeerTop公式サイトから!
GeerTop公式サイト テント一覧

製品一覧の上にあるものが新しい製品のようです。

GeerTopテントの良いところ

  • デザインは最近の流行りっぽい感じで、わりとカッコイイ。
  • 有名メーカーに比べて価格は低め。1万前後から買えます。
  • ソロキャンプや登山向けのコンパクトで軽量なテントを多く取り扱っている。

そこそこ安い価格でカッコイイ良いので、キャンプ始めたてにおすすめのテントです!

GeerTopテントの悪いところ

  • 日本で買うのが難しい。Amazonぐらいでしか買えない上に販売している製品も少ない。型も古かったり。
  • 海外メーカーで日本対応はほぼなし。まあ価格の高いテントみたいに壊れたら修理とか出すような価格帯のテントではないのでこれはOKですかね。
  • 作りはそこそこ。一年使って壊れた部分は次で紹介します。

知名度の低さで日本でも取り扱っている店が無いし、サポートも無しなのが弱点ですね。

一年使って壊れた部分

ファスナー取っ手のヒモがちぎれる

まずテントの入口のファスナーの取っ手です。

ファスナー自体の不具合ではなくファスナーを持ちやすいようにヒモがついてるのですが、
雨降りキャンプでかなり無理やり引っ張ってヒモをちぎってしまいました。

テント収納袋が破けた

テント収納袋を撤収時にビリッ!とやってしまいました。

まあテントって収納時にコンパクトにするために結構サイズギリギリだったりするんですが、
私が使っているGeerTopのテントの収納袋は、改めて他のブランドと比べると若干ですが薄いですね。

というわけで変わりのバックを探していたところ、GeerTopからテント収納袋のみが販売されていました!(写真上)

私のテントが2人用なので、2〜3人用を買いましたが若干ゆとりがあるので使いやすそうです。

写真だとわかりにくいですが、元々のテント収納袋よりも生地が厚いので安心です。

GEERTOP テントコンプレッションバッグ

色と大きさはいくつか種類があります。
私は元の黄色と同じものを購入しました!

GeerTopのテントは1人〜2人のソロキャンプに最適!

一年使って壊れたところもありますが、それでも致命的では全く無いです。

正直結構手荒に扱ってしまっているので1万ちょっとという値段を考えると思った以上に使えています。

デザインもなかなか良く流行りの明るい色のテントも多いです。

なにより価格が安いのでこれからアウトドアの道具を揃える方にはおすすめです!

GeerTopは1人〜2人ぐらいまでを対象としている製品が多いので、
登山やバイクツーリングなど荷物を少なくしたいソロキャンプに最適な製品です。

テントの選び方について

テントの大きさ

基本的に1人用テントは寝袋1つ、2人用テントは寝袋2つをギリギリ並べられる大きさです。

写真は一人用テントに寝っ転がってみた感じです。
見て分かる通りギリギリですね。
バックパックなど荷物を置くスペースもないので足側に置いています。

寝る時はぶつかるので少し窮屈な感じは否めません。

こちらは今ソロキャンプで愛用しているGeerTopの2人用テントになります。
・総重量:2.59kg
・収納サイズ:16x16x45cm

私のバックパックでは2人用テントでもギリギリ持ち運べるため、このテントを使っています。
旅や登山など持ち運ぶ荷物をとにかく軽くしたいのであれば1人用がおすすめです。

テントを選ぶ場合は収納サイズが一番大事ですが、可能であればワンサイズ大きいものが良いです。

前室について

テントの前室というのは靴やバックパックなど荷物を置くスペースのことです。

ファミリーキャンプ用のテントや、最近だとバイクツーリング用のテントなかは大きな前室がついていて、
それこそ調理なんかも前室で出来るぐらい広いものがあります。

小さくても前室があれば靴などをフライトシートの内側においておけるので、朝方雨降ったりで濡れる心配もありません。

私はGeerTopのテントの前室に靴・イス・カメラの三脚など夜片付けるのが面倒なものは前室に置いて寝たり、
雨降りキャンプでタープ貼っていない時は前室でガスコンロで調理したりします。

個人的には最低でもそれぐらいは出来る広さがある前室は欲しいですね。

前室があるかどうかはテントの使い勝手に大きく関係してくるので、小さくても前室あるものがおすすめです!

おすすめのGeerTopテント

GEERTOP 2人用 ダブルレイヤーテント 4シーズン

出典:GeerTop

・総重量3kg
・収納サイズ16x16x46cm

4シーズンテントということで若干重量があります。
形がちょっと特殊なのですがテント本体とフライトシートの間に前室のように若干空間があります。

GEERTOP 2人用 超軽量テント 3~4シーズン

出典:GeerTop

・総重量:1.81kg
・収納サイズ:11x11x43cm

2人用テントですがビックリするぐらい軽量なテントです。
ただ収納サイズ自体はそこまで小さいく無い点は注意してください。

  • LINEで送る