ソロキャンプおすすめクッカーをご紹介!

ソロキャンプでおすすめのクッカーについて。

キャンプの料理でやることは主に、『沸かす』『焼く』という2つの作業がほとんどです。
最低限の荷物で行くのならば一番小さいソロクッカーセットという、直径10〜15cm程ののもがあるので、こちらで良いでしょう。

『ソロクッカーセット』はガスカートリッジがすっぽり収まる

大小2つのクッカーでセットになったものが多く。
一人分の料理には十分です。

そしてこの大きさはガスカートリッジがスッポリと収まる大きさでもあります。
こういう所はキャンプ道具って良く考えられてますよね。

クッカーの材質によるメリット・デメリット

主にチタンかアルミのクッカーがおすすめです。
チタンは持運び重視、アルミは料理しやすさ重視となります。

チタン製クッカー

アルミより軽いので、登山など出来る限り軽い装備にしたい場合におすすめです。

しかし、熱伝導率が低いのでアルミに比べて、お湯を沸かすのにガスを多く消費します。
また、焦げやすいのでお湯を沸かしたりは問題ありませんが、お米を炊いたりは出来ないと思ったほうがよいです。

私も一度ためしましたが、その時は焦た匂いが米にまでついてしまって激マズでした。

アルミ製クッカー

キャンプでは、がっつり歩くことも少ないので一番おすすめのクッカーです。

チタンと比べて安いのと、熱伝導率が高いため調理に向いています。
そして、チタンには負けますが比較的軽いです。

ステンレス製クッカー

丈夫で手入れもしやすく、調理にも向いています。しかし重いです。

バイクツーリングとかで重さは気にしない!って人であれば良いかもしれません。

キャンプでおすすめのクッカー

コールマン パッカアウェイクッカーセット

アルミ製クッカーで、ソロクッカーとしては一番おすすめです。
クッカーの内側がノンスティック加工されているので、調理後も手入れが楽です。

プリムス クッカー イージークックNS・ソロセットM

コールマンのクッカーとほぼ作りは同じです。
私はPRIMUSのものを使っていますが、気になる点もなく非常に使いやすいです。

スノーピーク トレック900

スノーピークのアルミ製クッカーです。
スノーピークにはチタン製のクッカーもありますが、調理を重視するならこちらがオススメです。

スノーピーク チタントレック900

スノーピークのチタン製クッカー。アルミ製の約3分の2の重さなので持ち運びやすさに優れています。
簡単な料理しかしない場合はチタン製のクッカーでもよいですね。

エバニュー チタンウルトラライトクッカー1RED ECA251R

こちらもチタン製のソロクッカーですが、他のソロクッカーと違ってガスカートリッジを中に入れることができません。
また、このクッカーより一回り大きい『エバニュー クッカーECA252R』と『エバニュー シェラカップ』とスタッキングして持ち運べるように作られています。

キャプテンスタッグ ソロクッカーセット

ステンレス製のクッカーと、ガスバーナーもセットになっています。
初めて道具を揃えるときにはこういったセット商品もおすすめです。

チタンやアルミと比べてステンレス製で重いですが、バイクツーリングなど重量に余裕がある場合にはステンレス製も悪くないです。

ソロキャンプにフライパンは必要?

最初の頃はソロクッカーセットだけでキャンプしていましたが、今はソロキャンプにもフライパンを持っていっています。

スキレットは重量あるので持ち運ぶハードルが高いですが、フライパンは軽いのもあります。

フライパンがあると料理の幅が広がるので、少しキャンプ料理を充実させたくなったら持っていくのも良いですね。

ただ薪の火で料理をする場合は、煤まみれで真っ黒になりますので、鉄フライパンをおすすめします!

UNIFLAME(ユニフレーム) 山フライパン

17cm程の直径。

蓋もついてるのでご飯も炊けるし、袋麺の焼きそばもこれでいけます。
キャンプで食べる焼きそばって美味しいんですよね。

ガスカートリッジで調理するなら、山フライパンが一番おすすめ。

こちらの記事で山フライパンをレビューしています!

購入時の注意点
Amazonの「よく一緒に購入されている商品」にフライパンのケースがありますが、このフライパンは購入時ケースが付属していました。

焚き火フライパン

柄を付ける部分が空いていて、枝を差し込んで使います。
柄がないだけでパッキングしやすくて、持運びやすい!

直火キャンプならこういった鉄のフライパンがオススメ!

安くキャンプ道具を揃える!

キャンプは初めるまでに色々道具を揃える必要がり結構お金がかかります。

こちらの記事でAmazonなどで安く購入できるおすすめ道具を紹介しています!

最後に

最初はソロクッカーのみでキャンプしていましたが、調理道具も少しづつ増えていきました。

キャンプを初めた頃は焚き火してテントで寝るだけで満足でしたが、続けていくうちに美味しい料理もつくったりしたくなりました。
とはいえソロキャンプで荷物が限られるのでワンバーナーで作れる料理がほとんどです。

  • LINEで送る