【モンベル バックパック】愛用のゼロポイントアルパインパック50をレビュー!

今回はなぜかレビューしてなかった、モンベルのバックパックを紹介していきます。

ゼロポイントはモンベルの自社ブランド

ちなみに、ZEROPOINT(ゼロポイント)というブランドはモンベルの自社ブランドです。
クライミングなどハードな登山で使うリュック・ザックや、クライミング用品を幅広く取り扱うブランドで、軽量化・防水・収納力など、機能的な商品を出しています。

ゼロポイントは、1982年にモンベルのクライミングスピリットを実現するためにスタートしました。以来、機能に徹したデザインで一切の妥協を許さず作られたクロージング&ギアは、世界中のアルピニストやクライマーから絶大な支持を受け続けています。

モンベル ゼロポイント アルパインパック50を購入した理由

ゼロポイントアルパインパック50を購入した決め手。

  • 横幅が狭くスリムな形状
  • 三脚をぶら下げられる
  • やっぱり出来るだけ安いもの

横幅が狭くスリムな形状

ゼロポイントアルパインパック50は、元々登山で狭い山道でもスムーズに歩けるように設計されていたため、横幅が狭くスリムな形をしています。

私はキャンプ始めた頃は、電車でキャンプに行っていたのでこのスリムさが良かったです。

都内で地下鉄とかバックパック担いで歩いてましたが、横に大きいバックパックよりはマシかなと。

三脚をぶら下げられる

キャンプにはカメラを持っていこうと思っていたので、三脚を運びやすいものをバックパックを買う時の条件にしていました。

ゼロポイントアルパインパック50に限らず登山用のバックパックであれば、ストックを固定できる作りなっています。

そこに三脚を固定して持ち運びをしています。

やっぱり出来るだけ安いもの

このバックパック選んだ理由はモンベルのブランド力などあるのですが、一番は価格が安かったというのが大きいです。

もともと1〜2万くらいで探していたのですが、ゼロポイントアルパインパック50は1万5000円ぐらいで買いました。

無名の格安バックパックよりは良いもの買いたいけど、有名ブランドのバックパックは高いな。と思う人に凄くおすすめ!

ゼロポイントアルパインパック50を詳しく見ていく

バックパック全体

バックパック表
バックパック裏側
しっかりとしたクッションで背負っていて全然痛くありません。
バックパックの中

収納量によって調整できる

サイドストラップで調整
矢印の方向に締めることができます。
このバックパックは50Lですが使う時に調節すれば、中身が少ない時でも便利。
トップリッドで調節
トップリッドはバックパックの蓋部分の事で、ここも荷物の量に応じて調節が可能です。

このバックパックは荷物が多くなると上に伸びるので、多少荷物が増えても大丈夫です。

ポケット

ワンドポケット
私はここに三脚の足を突っ込んでますが、登山なんかだとストックとかピッケルですかね。
ゴムポケットなのでペットボトルとかも入ります。
トップリッドポケット(蓋部分)
唯一アクセスしやすいポケットです。
ただバックパック背負ったままだと、取り出したりは難しいです。

私はレインカバー(別売り)を入れています。

隠しポケット
トップリッドポケットの底にあるポケットで、普通にはわからない場所です。
貴重品などを入れておく場所です。私は使ったことないです。

今回紹介した商品

モンベル ゼロポイントアルパインパック50

モンベル ゼロポイントアルパインパック50 ショート

※ショートサイズは女性や小柄な方向けの商品です。

その他バックパックやキャンプ道具の紹介はこちら

  • LINEで送る