【メスティンの使い方】ご飯の炊き方からシーズニングとバリ取り

今回はキャンパーから愛されてるトランギア メスティンを紹介しています。

買った後のメンテナンスから、ご飯の炊き方まで書いていきます。

メスティンを買ったらやること

メスティンを買った後はこの2つをやるのがお決まりです。

  • バリ取り
  • シーズニング

メスティンのバリ取り

メスティンはかなり無骨な作りになっていて、普通の製品だと怪我しないようにフチの部分が研磨されていますが、そういった気遣いは一切無い思い切りの良い製品となっています。

キャンプだとメスティンにいれたままご飯食べたりするので、怪我しないように滑らかにヤスリがけをします。

ダイソーとか安い紙ヤスリだと、作業中に破れて怪我をする恐れがあります。
軍手をはめるか、ホームセンターなどでちゃんとしたヤスリを買いましょう。

やすりは金属用や木工用など種類がありますが、アルミを削るくらいであれば木工用でもいけます。

私はホームセンターで買ってあった、400番の木工用ヤスリでゴリゴリとヤスリがけしました。

使う前にシーズニング

購入したら米のとぎ汁を沸かして、メスティンを15分〜30分くらい沸騰の中に浸します。

メスティンにシーズニングを行う意味は、アルミフライパンと同じで黒ずみや変色を防ぐためです。
また、アルミ臭が苦手な人はシーズニングを行うと匂いが薄れます。

メスティンが黒ずんだら

アルミで出来ているので、水と反応したりして黒ずみができてしまう事があります。その時はりんごの皮や芯を、メスティンの中にいれて沸騰するまで沸かします。10〜15分たったらしっかりと冷まして、スポンジやタワシで擦って落とします。

ぶっちゃけシーズニングもバリ取りもやらなくてもメスティンは使える

この使い古した間のあるメスティン。

私はメスティン買ってからずっとシーズニングもバリ取りもせずに使っていました。

シーズニングとかバリ取りを知ったのは、買ってから一年くらい後。
バリ取りはしたほうが良いですが、シーズニングはメスティンの使い方しだいかなと思います。

直火の調理でメスティン使うとめっちゃ汚れる

私はご飯炊く以外にもメスティンを使っていて、焚き火でも使ったりもしています。

そうするとススで真っ黒になるし、めっちゃ汚れるのでキャンプ終わると気にせず金たわしでゴシゴシ。
シーズニングの皮膜は無くなるし結構キズだらけです。

シーズニングとか全く意味ない使い方です。
とはいえ毎回キャンプ行く前にシーズニングやるのはめんどいので、やらなくなりました。

個人的にはシーズニングもバリ取りも、やらなくても全然使えるので、めんどい人はやらなくて良いんじゃないかと思っています!

メスティンでのご飯の炊き方

メスティンでご飯炊く人は、ポケットストーブやアルコールバーナーを使ってセットしたら自動で炊きあがる方法を使っている人が多いですね。

はじめてだとメスティンでご飯炊く時に失敗するという話を聞きます。

失敗するときは、だいたい生炊け状態でネットで調べた固形燃料使ってるしおかしいなー?となります。

そんな人が失敗する理由は一つ、

お米を炊く前に30分〜1時間はお米を水につけておきましょう。

お米を水につけて置くのは、ふっくら炊けるという以外にも、炊飯にかかる時間がかわってきます。

固形燃料などはだいたい20分前後なので、その時間で炊くなら30分以上はつけないとダメです。

私はいつも1時間つけてからメスティンでご飯を炊いています。

自動炊飯で使う燃料

  • アルコールバーナー:アルコール30ml程度
  • ポケットストーブ:固形燃料1個

この燃料をセットしてから、メスティンの上に重りをのせて25〜30分放置。(火は勝手に消えます)

私がメスティンで使っている、アルコールバーナーで炊き方細かく乗せています。

メスティンでご飯以外の調理

メスティンはご飯を炊く以外にも、普通のクッカーとして使えるのでパスタとかポトフなんかの汁物もOKです。ただ炒めものは向いてないです。

焼き物ならフタ使えば行けなくもないですが。

アルミって油たっぷり入れないとくっつきやすいし、微妙な感じです。

メスティンは蒸し料理も出来る

別売りで600円くらいの網を買えば、蒸し料理も作れます!
こちらの記事で詳しく書いています。

この記事で紹介した商品

trangia(トランギア) メスティン TR-210

こちらがソロキャンプ向けの大きさのメスティンです。
公式での炊飯の目安は約1.8合まで。

trangia(トランギア) ラージメスティン TR-209

メスティンにはラージサイズもあります。
ラージの公式での炊飯目安は約3.5合となっています。

  • LINEで送る