初めてのキャンプはテントをレンタルして最低限の荷物で行くのもおすすめ!

家族や友達、もしくはソロで初めてキャンプ行く場合はレンタルできるものはレンタルして、最小限の荷物でとりあえずキヤンプに行くのもおすすめです。

初めてのキャンプではテントをレンタルする

これからキャンプを始める人は、これからどれくらいの頻度でキャンプに行くのかわからないため、レンタルで始めるのもおすすめです。
レンタルのテントは4〜5人用のファミリー向けが多いのですが、半分の2〜3人で使うと余裕がある広さで使えます。

テントの大きさの目安は、目安人数の半分ぐらいの人数で使うぐらいが丁度いいです。

テントの設営はキャンプ場によってはレクチャーしてくれる所もありますので、事前に確認しても良いかと思います。

最初はレンタルをおすすめする理由には、キャンプを続けていくと間違いなく他のテントが欲しくなります。
キャンプを未体験だと自分がどういうテントが欲しいかわからないんですよね。

私も初めて買ったテントは、すぐに別のテントを買い替えてしまいました。
前室が欲しくなったのと、1人でも1人用テントは狭苦しかったです。

キャンプ場を選ぶ時に確認したいこと

初キャンプででキャンプ場を選ぶ時に、何を確認すればよいか上げてみました。

近場または道中にスーパーはあるか

初めてのキャンプでは出来る限り近場のスーパーなどで、食料・消耗品を購入するのが楽です。
食器は紙コップや紙皿で良いですし、火熾しも割り箸とチャッカマンで十分です。(不安であれば着火剤)

ゴミは分別してキャンプ場で捨てればOKです。

焚き火は直火OKか禁止か

焚き火は直火禁止が多いです。その場合は焚き火台の用意が必要です。
薪や炭は持ち込み禁止でキヤンプ場で購入しなければならない、などのルールも事前に確認しておくと良いです。

ゴミや炭は捨てられるか

山奥で整えられていないキャンプ場などは、ゴミ持ち帰り必要あったりしますが、ほとんどのキャンプ場はゴミ捨てられます。
初めはゴミ捨てられないキャンプ場は避けたほうが良いです。

レンタル出来るキャンプ道具を調べる

テントのレンタルしてる所は多いですが、キャンプ場によって他道具もレンタルできるものがあります。

シュラフ(寝袋)選びには一番気をつけて欲しい

キャンプ場で快適に過ごせるかどうかは、シュラフ(寝袋)が重要になってきます。
私は初めてのキャンプでは一晩寒さに震えて過ごすことになりましたが、キャンプ場の気温には注意して下さい。

以前書いたシェラフの記事『初心者のシュラフの選び方。キャンプグッズではシュラフが一番重要!

夏場なら良いのですが春や秋、たとえばゴールデンウィークにキャンプする場合は標高の高いエリアだと肌寒いです。
キヤンプ場の場所によりますが、春秋用のシュラフであれば0度前後〜-5度ぐらいのものが良いです。

暑ければ薄着で寝れば良いだけなので、暖かいシュラフを選びましょう。

 

色々初めてキャンプに行ったときの事を思い出しながら書いてみましたが、是非キャンプ楽しんで下さい!

  • LINEで送る