西丹沢・大滝キャンプ場でソロキャンプ!きれいな渓流沿いにあるので夏の水遊びに最適!

まだ肌寒い3月ですが、今回は西丹沢・大滝キャンプ場に行ってきました!
納車した相棒エストレヤで相模原から65kmの初ソロキャンプとなります。

webサイト:大滝キャンプ場

大滝キャンプ場の特徴

  • オートキャンプ場でフリーサイト
  • 直火OK(渓流沿いサイトのみ)
  • 道具の貸し有り
  • 食材の販売は無し
  • ゴミは持ち帰り
  • キレイな渓流で水遊び
  • ピザ焼ける
  • マス1匹250円
  • 近くにコンビニなどは無し
  • 携帯電波4G 4本つながる

大滝キャンプ場は都内から近い手軽なオートキャンプ場

相模原からはバイクで向かいました。
近いので有料道路は通らず、だいたい2時間くらいで到着です。

東名高速道路を使えば品川あたりからでも2時間!
ドライブにも適度な距離で都内からのオートキャンプ場としてオススメです!

ただキャンプ場近くにお店は全く無いので買い物など準備はしっかりと用意してください。

日本百名山にも選ばれる丹沢山は自然豊かで渓流の水がとてもきれい

丹沢山含む周辺の山塊は日本百名山に登録されていて、
山塊で一番高い山頂である蛭ヶ岳には登山者が多いです。

大滝キャンプ場は渓流沿いにあるため、
夏は水遊び目当てのファミリーキャンパーが多いので予約は必須です。
(予約はバンガロー・ログハウスのみ。オートキャンプ・デイキャンプは先着順ですが当日電話してみるのが良いです。)

大滝キャンプ場の施設

オフシーズンだと受付にいない時もあるみたいなので、
大滝キャンプ場Webサイトにある電話番号をメモっておいたほうが良いです。

基本料金は車が1台5000円で、
バイクは1台1500円。

ピザも焼ける石窯もあるみたいです。

ゴミは持ち帰りです。
マス1匹250円など公式サイトに書いていないサービスもありますね。

オートキャンプはサイトが区切られているところもありますが、基本はフリーサイトです。

渓流沿いはフリーサイトになっていて結構広いのですが、
夏のシーズン時はデイキャンプに来る人も多くてぎっしり埋まるということです。

水はすごく綺麗で透き通っています。

翌日の雨に備えてタープを設置

正方形タープをポール2本でなんとなくひし形に設置してみましたが、やっぱり中央がたるみますね。。

翌日に降水確率が少しでもある場合はタープを必ず貼るようにしています。
雨だと撤収作業が一番大変ですがタープの下で片付け出来ると大分楽です。

ちなみにこのタープは3m×3mの3000円ちょっとの格安タープです。
安いですがなかなかコンパクトに持ち運べるし良いんですよね。

最後に

というわけで大滝キャンプ場に行ってきましが、
程よくドライブできる立地やキレイな渓流があるのでとても良いですね。また行きたいです!

ただ、そのため夏は激混みするみたいなので正直ソロキャンパーとしては夏のキャンプシーズンには多分行かないですね。
シーズンを外して人の少なそうな時期にいくのが良さそうです。

FLYFLYGO 3m×3m 正方形の格安タープ

付属のガイドロープは6本と若干少ないです。
あと2本くらいは欲しいので合わせて購入するのをおすすめします。

Soomloom メインに使えるタープポール

  • LINEで送る