【メスティンで3分】簡単に作れる水漬けパスタ!アウトドアの時短料理としておすすめ

アウトドアでパスタはワンバーナーで手軽に作れる料理です。

パスタは茹で時間が長いのがデメリットですが、水に漬けておくことで3分で調理完了できます。

水漬けパスタのコツは3つです!

3つのコツで色々なパスタ料理が簡単に作れます。

  • 水に漬ける時間は1時間〜3時間。個人的には3時間ぐらいがもちもちして好きです。
  • 2〜3分茹でれば食べれます。
  • マ・マーの「早ゆでパスタ」では水漬けパスタは出来ません。柔らかくなりすぎて茹でるときにブチブチ切れます。

メスティンと水漬けパスタで簡単に調理

水漬けパスタの下準備

今回は一人分(100g)を使います。
ジップロックに入れていきます。
水の量はとくに測りませんが、乾麺が吸収するので少なすぎない量で。
3時間ほど置いた状態。
パスタは柔らかくなり白い色になっています。
メスティンにジップロックの中身を漬けた水ごと出します。
もし水が足りなければ追加します。

水の量は適当で2〜3分、茹でたら無くなるくらいの量です。

火にかけて茹でていくと、だんだん黄色い見慣れた色になっていきます。

水が無くなるまで茹でていきます。

あとは適当にソース作るなりすれば完成です。

醤油とツナ缶と塩コショウで和風パスタにしてもいいですし、お好みのソースで!

今回は、最近すぱじろうでめっちゃハマってる、たらこパスタにしてみました。

茹でずにナポリタンのように炒めてもOK

こちら水漬けパスタでナポリタンの動画です。
フライパンで作ってますがメスティンでも作り方は同じです。

メスティン関連記事

  • LINEで送る