キャンプで最低限そろえる道具はこれ!

初めてキャンプをするときに、最低限用意する必要がある道具を紹介していきます。
関連する記事がある場合は、そちらにリンクをつけています。

初て買ったのキャンプ道具は、キャンプに慣れてくると買い換える事が多いです。
やっぱり実際にキャンプをしていくと欲しくなる道具や、自分のキャンプスタイルが見えてくると買い替えが発生します。

キャンプ道具をアップデートしていくのもキャンプの楽しみの一つだと私は思っています。
ですので、まずは無理せず安い道具を揃えて、気軽にキャンプ初めて見てはどうでしょうか。

これだけは最低限そろえる必要がある道具

バックパック

バックパックは安いものから有名メーカー物まで値段にかなり差があります。
安いものは耐久性がなかったりしますが、登山と違ってハードに使うことは少ないため、安いメーカー物で良いかなと思います。

ソロキャンプの場合は最小装備でいくなら35L、ある程度余裕を持っていくなら50Lがおすすめ。

テント

安いものであれば数千円からあります。
ワンタッチで開くテントなどもありますが、安いものは数度使ったったら壊れたり雨漏れしたりする確率が高いです。

ただテントってキャンプするにつれ前室欲しくなったり、もう少し広さ欲しくなったり、かっこいいの欲しくなったりして買い換える事が多いです。

初めてのテントは安いものでキャンプを初めるのも良いですし、キャンプ場ではテントをレンタルできるところもあります。

初めてソロ用のテントを購入する場合の参考記事です。

グランドシート

地面とテントの間に敷くシート。
テントの大きさより小さくなければなんでも良いです。結構安く売ってます。

私はよくわからず安いビビットな紫色のものを買って後悔しました。
変な色はキャンプしてるときテンション下がるので、黒とか当たり障りない色が良いです。

マット

テントの中に敷くマット。
テントの中で過ごすにも、シュラフで快眠するにも大切な道具です。

マットにも色々種類があるので、こちらで解説しています。

シュラフ

購入するときはリミット温度と収納サイズに注意。
快適に眠れるかどうかはキャンプで超重要です。

夏以外の季節でキャンプする場合は、一番お金をかけたい道具。

ランプ

ガスランプとかもあるけど、テントの中でも使える電池LEDランタンがおすすめ。
私は2つ持ち歩いていて、こちらの記事でランタンについて書いています。

焚き火台

今は直火禁止が多いので、焚き火を楽しむなら必要になります。

私がソロキャンプで購入した焚き火台はこちら

虫除け

アウトドアではとても大事です。
冬以外は春でも秋でも虫がうっとおしいので持っていったほうが良いです。

こちらの記事で虫対策グッズや対処法を記事にしています。

細かい道具

他細かい道具となります。

  • ナイフ
  • 軍手
  • 洗面道具
  • 食器(紙製品でもOK)
  • 洗剤(洗うものが発生しそうであれば)
  • 着火剤
  • ウェットティッシュ
  • 袋(ビニール袋や密封できるジップロックもあるとよいです)
  • 携帯バッテリー(スマホ充電用)

調理をする場合はそろえる必要があります

ガスカートリッジ

主に調理やお湯沸かしたりに使います。ガスストーブとセットで使います。

ガスバーナー

ガスカートリッジを使って調理するための器具となります。

クッカー

調理器具。蓋が無いものが多いので、ご飯をたくのはメスティンなども持っていくと良いです。
私はご飯はアルファ米で済ませてしまします。味もそんなに悪くないですよ。

ソロキャンプでのクッカーはこちらの記事を参考にどうぞ。

調味料

事前に作る料理を決めておいて、必要な調味料を持っていくのが良いです。

私はソロキャンプでは無印の小さいケースに入れて持ち歩いています。

キャンプのスタイルによって追加で持っていく道具

  • テーブル
  • イス
  • レジャーシート
  • タープ
  • 遊び道具

などがあります。

イスあたりはソロキャンプでも持っていきたいです。
河原などでなければ、レジャーシートでも良さそうです。

また、ファミリーキャンプでは遊び道具などレジャー用の道具が必要ですね。

  • LINEで送る